北イングランドは見所が多いです

北イングランドは魅力があります

北イングランドには魅力が一杯ですから、是非とも旅行してみることです。その北イングランドには、ヨークと言う、街があります。ニューヨーク州というのは、新しいヨークの町、という意味です。小さな町ではあるのですが、とてもよいところです。中世の風情を残す町です。今までなんども様々な国から侵攻された、という歴史があります。ローマ帝国やバイキングなどです。そうした歴史背景を知ることもできます。過去の遺物がかなり残っていますから、そうしたところを見て回るのも醍醐味の一つになっています。歴史好きならば楽しいです。

ヨークという場所には

ヨークという言えば、なんといっても大聖堂なのですが、非常に状態がよく、とても綺麗なところです。また、春先には、イングランドの人が大好きな春の花である黄水仙が咲きます。それも一つの見所になっています。但し、水仙の咲く時期は、微妙にずれたりしますから、出来るだけ時期を見計らって観光をすることです。それが大変ではあるのですが、そうしたことも旅行の醍醐味であるといえます。ちなみに、有名なティールームであるベティーズがあります。イングランドの風情が堪能できるところですから、是非とも行ってみることです。イギリスというのは、英語の国でもあります。ですから、英語の練習のために行く、ということも悪いことではないです。試してみる価値はあります。

ここで青森にいるタビマスターズを探して旅行に行こう。