海外旅行に潜む危険に注意しよう

スリや詐欺に注意して

旅行先が比較的治安のいい地域でも、日本より危険が多いと考えてください。また、街の風景などに気を取られて、所持品を奪われやすい状態になっているので、一定のの緊張感を保つようにしてください。ある程度海外旅行に慣れた人なら、貴重品管理に首からさげる入れ物や腹に巻き付ける収納などを活用すると思いますが、それらも安全とは言い切れません。ナイフでヒモを切るなどして、入れ物ごと奪われる例があります。また、タクシー料金についても高額な料金を払うように脅される例があります。乗車前に料金を聞いたり、ホテルなど信頼できる場所でタクシーを呼べば安心です。

親切すぎる外国人に注意

海外旅行では、観光地を見学するだけではなく現地の人や文化に触れることも醍醐味です。しかし、ここにも注意が必要です。親切なフリをして近寄ってきた現地人が、実は詐欺グループの一員だった例はよくあります。日本語で話しかけられると信用してしまうかもしれませんが、「食事をおごる」とか「景色のいい場所がある」などと誘われても断るのが無難です。なかには本当に親切な(日本人に好意的な)人もいるので判断が難しいのですが、相手から一方的に話しかけてきた場合は警戒するのが基本だと思ってください。地域によりますが、軽犯罪のターゲットとならないために有名ブランドの服や靴を身につけないことが自衛手段のひとつです。

冬になったら小豆島に精通しているタビマスターズを見つけてたびに出ましょう。